« Hawker'sでカレーとワイン | トップページ | 久々にワイン会主催♩ 葉月のワイン会@葉山庵 »

ワインリストと詳細 葉月のワイン会@葉山庵はこちら⇒

「葉月のワイン会@葉山庵ワインリスト」 8月4日 葉山庵

美味しいお食事とともにワインリストはコチラです。
*スイックプラスさんより

ちなみにうさぎ主催のワイン会は試飲会ではありません。

なので、今日も合計で、平均一人1本の8割は飲んでいただ

ける計算。ワイン好きな方なら1本飲んで下さい。

飲み足りなかったなんて食後感は嫌だもんね〜☆

では、リストです。

1、CHMPAGNE NAPOLEON ROSE BRUIT
  CHAMPAGNE VERTUS

醸造元 CHAMPAGNE NAPOLEON
セパージュ ピノノワール55% シャルドネ45%

シャルドネとピノノワール混醸した「トラデション ブリット」
をベースに赤ワインとして醸造したピノ・ノワールを少量
加えることによって造られる。見事な色合い、ほのかで洗練
されたブーケ、豊かさを感じさせるこのシャンパーニュは
赤いベリー系フルーツの風味を伴って、エレガントな
ロゼシャンパーニュの個性を表現している
Photo_17

Photo_18

ナポレオンロゼは本当にうさぎの大好きなロゼシャンパーニュ。

しっかりしているし、暑い夏の日に冷やして飲むとほんと

美味しい♩


2、BOURGOGNE CHARDONAY 2008
AOC BOURGOGNE CHOREY-LES-BEAUNE

醸造元 Domaine TOLLOT-BEAUT
セパージュ シャルドネ100%

ショレイ村の村長だったアレクサンドル トロ氏がワイン造り
を始めた時、夫人の名前BEAUTを加え、ドメーヌの名前を
トロボーと名付け、」100年に渡り、常に高いレベルの
ワインを造り続けている。ショレイ レ ボーヌの街並みの
中に注意しないと通りすぎてしまうようなこじんまりとした
入り口を入ると地下3階の黒カビの覆われたワインカーブに
案内してくれた現在のオーナー、ナタリー トロ女子は
土地の力を信じ、除草剤などの化学肥料を使用しない自然
栽培に取り組み、芳醇で豊かな果実味のあるワインを
造り出している。
Photo_19

こちらもうさぎの好みのタイプのシャルドネ。樽香りも

強すぎず、バランスのいいシャルドネだわ〜

3、CHATEAU DE CASTRES 2003
AOC GRAVES CASTRE

醸造元 CHATEAU DE CASTRES
醸造責任者兼シャトー所有者  JOSE RODRIEGUES-
LALANDE
セパージュ メルロー55% 
      カベルネソーヴィニョン39%
      カベルネフラン5%
      プティヴェルド1%

醸造所の応接室には受賞した数多くのメダルや楯が並べ
られている。グラーブの石ころだらけの畑から、どうして
このような凝縮感のある味わいを醸し出しているのか!
平均樹齢30年の葡萄から造られ、華やかさだけでなく
複雑さがあり、骨格がしっかりしたこのワインはやっと
飲み頃を迎えた。
Chateau_de_castres_2

こちらもまだまだ熟成させてもよさそうだけど、しっかりと

した素敵なワインでした。

4、VIN DU PISTLES 2008 AOC ALSACE OBERNAI

醸造元 DOMAINE SEILLY
セパージュ 古くからの畑に混載されていた7つの葡萄品種
      ケヴェルツトラミネール、リースリング、
      ミュスカ、ピノグリ、ピノブラン、
      シルヴァネール、シャスラ

1562年、皇帝フェルディナンド1世がオベルネを訪れた際
この地で評判のワインを大変気に入られたが、さらに良い
ワインを市民が隠しもっていたことを知り皇帝は激怒したが
自分の傲慢な態度に気づき、反省の証として皇帝は市長に
愛用のピストルを贈ったのである。それ以来、オベルネの
人々が飲むワインを「ピストルワイン」と呼ぶようになり
現在はドメーヌ セリーだけがその名前を受け継いでいる。
Vin_du_pistlet_2

7種類の葡萄を使っているなんて初めて聞きました。

アルザスといえばリースリングですが、こんなワインもあるんですね。

このピストルは葉山庵さんからフォアグラの茶碗蒸しに

合わせて欲しいと皆さんにプレゼントだったんですよ。

うさぎも知らないサプライズで、ありがとうございました☆

今日も美味しいお食事に美味しいワイン、ありがとう

ございました。ほんと感謝♡
Photo_20


|

« Hawker'sでカレーとワイン | トップページ | 久々にワイン会主催♩ 葉月のワイン会@葉山庵 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。